無料で本が貰えちゃうNYCの謎。

Hello,みなさん、お久しぶりです。Maopopolifeです!

今回はニューヨークで格安・無料で本が手に入れるかもしれない情報をお伝えしていきます!

NYCで格安 / 無料で本がゲットできる!?

1.1実はニューヨークにも○○○がある!

ニューヨークには、紀伊國屋があるのですが
やっぱり日本から仕入れている為
値段は割高になっていて読みたい本があっても買えないことが多いです。(涙)

ですが、、マンハッタンには実は、BOOKOFFがあります!!
日本語の漫画、雑誌、英語の本、おもちゃ、ゲーム等
日本にはあるブックオフとほとんど同じ!!

学生の私にとってはすごく嬉しい。
だって、本が1ドルとかで買えてしまう!
学校で使う教科書も(相場100ドルぐらい)が格安でゲットできます!

本が読むのが苦手な私は自粛生活を機に『本を読む』ことを習慣付けしようと思い、
ブックオフで本を5冊購入しました。

ブックオフ

5冊買って約20ドル(2200円)ぐらいでした(アメリカでは
とても安い方です)

もし、ニューヨーク旅行で来た際は、BOOKOFFに行ってアメリカでしか買えない本を安く買うのもオススメです!

1.2 道を歩いてるとあなたの欲しかった本に出会うかも!!

ニューヨークの住宅街を歩いていると、よく『All Free! You can take it』などの張り紙が貼られている家具や洋服が道端に置かれています。
もちろん自分が気に入った物があれば持ち帰っても大丈夫です。

掘り出し物を見つけるのが大好き+学生にとってはこれまた、嬉しいイベントのようなもの。

ちょうど自粛生活が始まったぐらいの2ヶ月前、
私が近所を歩いてると、

『 Books for staying home! Enjoy! Stay safe』

アメリカっぽいなーって思いながら箱の中を見ると、
なんと!私がずっと欲しかった マリンダ・ゲイツの本があるではありませんか!!(原価15ドル)

そして、こんな可愛い本もありました!

アカデミー賞・短編アニメーション 賞を受賞した
『Hair Love』

この本は、日本にいる姪っ子にスカイプする時一緒に読んでいます。

最初は、『道端にある本なんて持って帰れない』
っと思っていましたが、
もう読まなくなった本たちが『この本を読みたい』と思ってくれる人の手に届くこと、そして誰かのためになるっていい事ですね。
自粛生活の中、人の関わりは減ってしまったけど、いろんな形で人と繋がれることができることを今学んでいる気がします!

ニューヨークではまだまだ油断ができない日が続いておりますが、
Stay safe. Stay Positiveで乗り切っていきましょう!

ではみなさん、
Have a wonderful day!

LINE@でお問い合わせ メールでお問い合わせ