少しだけでは不十分な距離!?

今週、先週とニューヨークのコロナ関連ニュースで、気になったものをまとめた第三弾。日本とは生活習慣的に違う箇所もありますが、知っていても損はしないと思いますので、「こんなこともあるんだ〜」と読んで頂ければ幸いです。

距離は十分にとって

ニューヨークポスト紙が12日、コロナウイルスは少なくとも13フィート(およそ4メートル)を空中移動できると報じました。これは現在推奨されているソーシャルディスタンスの2倍以上。

連邦機関の調査によると、伝染は想像をはるかに超えて広がっており、人々の靴からも感染が広がっています。武漢のHuoshenshan病院、ICUの医療スタッフの靴底から採取されたサンプルを調べたところ、半分は陽性だったと発表しています。病院で使っているコンピューター、マウス、ゴミ箱、ベッドレールなど、多くの人が頻繁に触るものの表面からも感染のリスクが高いそうです。

可能な限り離れる

出勤されている方もいると思いますので、電車やオフィスの中でも、出来るだけ何かに触れることは避け、触れた場合は除菌をした方が良さそうですね。靴の裏にも除菌スプレーをしたほうが良いのかもしれません。

4メートルのソーシャルディスタンス、なかなか難しいかもしれませんが、可能な限りやってみましょう。

LINE@でお問い合わせ メールでお問い合わせ