コロナウイルスによるNYCの現状

NYも外はもうすっかり春です。花が咲き、新芽が出始めて良い季節になりました。
….が、コロナウイルスの感染予防策として外出自粛要請が出ているため、家に缶詰め状態。
時間があるから刺繍でも!
と思い立っても食料品店以外のお店は閉店で刺繍の材料も買えずじまい。
この “外出自粛要請” 、NYでは短くても今月一杯は続きます。
この様な状況ですので、普段のNYをお伝えしていくことが出来ませんので、この ”Stay at Home” の間、コロナウイルス感染によるNYの現状を私の出来る範囲で何回かに分けて皆様にお伝えしていきたいと思います。

日本も東京などは4月4.5日と先週末に続き自粛要請が出ていますね。
こちらは3月20日あたりから自粛要請が出ましたが、自粛要請というより外出禁止令に近いですね…
食料品や必要な日用品や通院以外の外出は禁止です。

街中はまるでゴーストタウンのようです。人は全くと言っていいほど歩いていません。車も少なく、信号なんて要らないんじゃないかと思うほどです。
こんな状況ですから治安の悪化が懸念されています。
先日、私の知り合いが電車の車内で 「コロナウイルス」と罵声を浴びせられ唾を吐きかけられたそうです。
私も一昨日、食料の買い出しに出た際、道で初老の白人の女性にすれ違った時、彼女は私の前で立ち止まり、私のことをジロジロと見て、いきなりポケットからマスクを出して付け、私に向かって「コロナ」と言いました。私は無視して通り過ぎましたがとても嫌な気持ちでした。
こちらでは、この様な事態はトランプ大統領が “コロナウイルス” を “中国ウイルス” と言ったからだと言われていますが、アジア人である私は今では日中でも外出が怖いです。

また日々色々な人から色々な情報が入り、その情報に一喜一憂してしまいます。
“混んだ電車に乗ったら罰金50ドル(約5000円)” ⁈
なんていう話しも聞きました。
通勤も出来ない現状で電車が混む⁈
この現状で満員電車はあり得ないでしょうが、おそらくSocial Distancing(感染防止のため人と人との距離をとる)という意味からきているのでしょう。

次回はまた違う視点から見たNYの現状をお伝えさせて頂きます。

LINE@でお問い合わせ メールでお問い合わせ