インポッシブルな「○○」が世界を救う

どこかで聞いたことがある方もいると思いますが、ニューヨークでは最近、植物由来の人工肉「インポッシブルバーガー」や「ビヨンドビーフ」が人気です。

フェアウェイの外観

健康的で美味しいお肉!

ビーガン、ベジタリアンの知り合いたちに、「え〜ハンバーガーを食べているなんて珍しい!」と声をかけると、「インポッシブルバーガーよ!」なんてことも多々あり、じわじわと浸透してきている様子を目の当たりにしています。

インポッシブルバーガーやビヨンドビーフが並んでいます!

早速試してみると、言われなければわからないほど、お肉に近い味で美味しいです。油控えめで調理したのかなと思う健康的な味で、食べ応えもあります。主な原料は大豆。

少し前まではレストランやファストフードのチェーン店でのみ(調理済みの状態)販売していましたが、現在はフェアウェイでも販売を開始しています。ビーガン、ベジタリアンの人たちだけでなく、全体的な健康意識の高まりをうけ、売り上げは好調のようです。

ダイエット中の方にもおすすめ!

いつも混んでいる人気スーパーフェアウェイ

インポッシブルバーガーを製造するインポッシブルフーズは、2035年までに動物性の肉をすべて人工肉に置き換えることを掲げています。これは、畜産が多くの二酸化炭素を出すため環境破壊につながることが素因です。私たちの健康のため、地球の環境のためという様々な観点から注目を集める植物性のお肉、今後も期待が高まります!

フェアウェイからミッドタウンへ行く途中のリンカーンセンターの夜景が綺麗でした

LINE@でお問い合わせ メールでお問い合わせ